お雛さんのお人形と制作した広報物のご紹介

3月3日はひな祭りですね。こちらのお人形は大泉康子が制作したもので、大泉の亡くなった母が残していった古い着物を使って作りました。細かい部分もとても凝ってます。

函館も大分暖かくなりまして、年度もそろそろ変わる頃。卒業シーズンでもありますね。生徒さんの中には、大学生活が始まる前のこの時期に、パソコンやイラスト制作を学びに来ていただいている方もいらっしゃいます。そこで今回は、武田薫がデザインした広報物も少しだけご紹介します。

函館デザイン協議会 広報誌Vol.28

こちらは25周年を迎えた函館デザイン協議会の広報誌です。A4 全8ページで、28回目を担当させていただきました。当協議会 会長の岡田さんからアドバイスをいただいて、2019年1月の中頃に印刷業者さんへ納品。400部ほど印刷されて各所へ配布されていますが、好評を博していると先日メールをいただきました。文字数がとても多く、当初想像していたレイアウトにはなりませんでしたが、無事終わってホッとしています。

函館デザイン協議会 25周年記念誌に掲載していただきました

こちらの、函館デザイン協議会の渡辺さんがデザインした25周年記念誌では、今まで武田が制作した作品も掲載させていただいています。お世話になっている丸井の裏にある喫茶店「Cafe White Ball」さんにこちらの記念誌を寄贈させていただきましたので、お立ち寄りの際は、お食事が来るまでぜひ手にとって読んでみてください。

2019.4.14 尺八の世界
A2ポスター、チラシ両面、チケットのデザイン

フラメンコギターを約3年ほど前に習いに来ていただいていた、現在でも尺八の演奏活動をされている森岡さんからご依頼があって作成したポスター、チラシ、チケット(後ほどプログラムも作成予定)。公共施設などで設置されていまして、デザインは気に入っていただけたようでした。2019年の「尺八の世界」は4月14日(日)13:30から芸術ホールで開催されますので、よかったら是非ご来場ください。お問い合わせは090-6991-7364(森岡)まで。

ものづくりは用途に応じて様々ですが、デザイン関係のものは社会とも密接に繋がる点で、芸術と異なるかもしれません。制約も多々ありますが、多くの方の目に触れる物を作り、良い評価をいただけることは、ものづくりをするものとしては嬉しい限りです。

パソコン教室オプでは、個人レッスンを中心に簡単なイラスト制作の他、このようなデザインなどもレクチャーしています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

また、絵画教室アートルームでは、上記のお雛さんのようなお人形も含めて絵画全般も指導しています。個人レッスンのほか、道新文化センターではグループレッスンの講座「小学生のアート教室〜絵と造形〜」「水彩・油絵工房」も行なっていますので、ご興味がありましたらこちらのページもぜひご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。