ぶんだんジョイントギャラリー展(と、全道展函館地区展)に行って来ました。

まだまだ寒い時期が続きますね。時折暖かくなって雪が解けるのはいいんですが、それがまた凍るとスケート場のようになってしまうのは仕方ないのでしょうか。生徒さんの中には70〜80歳の元気な方もいらっしゃるので、玄関の氷を砕いて滑らないように気をつけていますが、街中を歩いていると滑って転んでしまった方も時折見かけます。特に水分が表面に湿っている時ほど滑りやすいようですね。皆様も十分お気をつけください。

さて、先日の話ですが、函館市芸術ホールで行われている「ぶんだんジョイントギャラリー展」を観てきました。期間は2019年1月31日(木)〜2月4日(月)の間で、入場は無料です。

入口のすぐ左側に、大泉康子が教えている絵画教室の生徒さんの作品がずらっと並んでいます。色も構図も様々で、十人十色とはこの事ですね。

他にも華道のお花や学生さんの書道なども多く展示されていました。

それと2019年1月22日〜28日に行われた「全道展 函館地区展」も観に行ってきました。こちらも函館市芸術ホールのギャラリーです。

そしてこちらが全道展の会員でもある大泉康子の作品↓です。

何かをゼロから生み出すのはとても大変な事ですが、自分自身とじっくり向き合い作り上げた作品は、誰かの真似でもない、自分だけのものになりますよね。技術や経験の差は人それぞれあるかもしれませんが、夢中になって作り上げたその時間は、とても素敵な事のように思います。2つの作品展を観て、そういう気持ちになりました。

絵画教室アートルームでは、ご希望に応じて「ぶんだんジョイントギャラリー展」などに、生徒さんが描いた作品も展示しております。ご質問などありましたら、こちらのページをご覧の上、お気軽に下記の連絡先までご連絡ください。

0138-54-8484(大泉 康子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。